Top >  お見合いとは >  お見合いの実情

お見合いの実情

お見合いのときに、釣書というものがあるのをご存知の方は多いと思います。
これは古い言葉ですが、お見合いのために必要な写真や身上書、履歴書などの資料を指します。
なぜ釣るのかといいますと、恐らく釣り合うという意味で、結婚相手としてふさわしいのかどうかという意味で、釣書なのでしょう。
そして、お見合いの費用も気になりますね。
お見合いで食事をした場合は、費用が仲人もちになります。
そして、紹介者へのお礼は、お見合いが成功して、結婚が決まったときにお礼をするものです。
その紹介者に結婚式の媒酌人もしてもらう場合は、結婚式が終わってからお礼をします。
お見合いが失敗した場合はそれぞれがお礼をするようにしましょう。
お礼としては、現金のほか、ギフト券や品物などでもよいのです。
それから礼儀として、再婚の場合は、世話人になるべく自分のことは話しておきましょう。

 <  前の記事 「お見合い結婚」のあらすじとは  |  トップページ  |  次の記事 紹介者に対しては  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6808

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「お見合い 新しい出会いを見つけよう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。