Top >  お見合い関連 >  紹介者に対しては

紹介者に対しては

子どもがいることや、いつ結婚して、いつ離婚したのか、離婚の原因は何だったのかなどを恥ずかしがらずに世話人には話しましょう。
なぜならば、再婚の場合はこういった込み入った話をお見合いが成功してから聞かされては相手に失礼だからです。
そのため、なるべく正直に包み隠さずに世話人にあらかじめ話しておきましょう。
また、お見合いの当日に本人同士で勝手に連絡先の交換はしないようにしましょう。
いくらお見合いのときに仲良くなったとしても、その場で電話番号を交換するのは避けましょう。
なるべく世話人を通じて、お見合いの後に次に会う機会を作るように心がけましょう。
お見合いが成功しましたら、後はお付き合いをすることになります。
お見合いの相手とお付き合いをしたい場合は紹介者に自分の気持ちを伝えて、お付き合いをはじめましょう。
そして、お見合いからデートをはじめた場合は、なるべく早いうちにご両親とも会うとよいでしょう。
ここで注意したい点は、礼儀として、紹介者がふたりで連絡を取って会うようにしましょう、といわれるまでは、紹介者を通じてデートの約束をして、紹介者に交際の経過を報告するように心がけましょう。

 <  前の記事 お見合いの実情  |  トップページ  |  次の記事 お見合いマナー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6809

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「お見合い 新しい出会いを見つけよう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。